蓄膿症

MENU
2015/07/20 01:48:20 | 蓄膿症
アレルギー性鼻炎患者が増え続けているのと比例するように蓄膿症患者が増えていると言う報告があります。この原因は、日本人の食生活や生活習慣にあるようです。柔らかい加工食品ばかりを口にし、甘いスイーツに行列をつくり、その結果歯周病患者が増えている。こういったことが、蓄膿症の患者が急増している要因の一つのようです。あなたは大丈夫ですか?熱がないのに鼻汁が続けて出るようであれば、悩んでないでまず耳鼻科にいきましょう。ましてや黄みを帯び、それが続くようであればなおさらです。素人判断で薬に頼るのはかえって悪化を招く事になります。そこはお医者様の判断を仰ぐのが正解です。風邪からきているのかアレルギー体質からき...
2015/07/20 01:47:20 | 蓄膿症
最近臭いがわからない、味も良く分からない。そんな時お子様に『ママ、味噌汁の味がなぁい!』と言われ、私、最近変だわぁ?なんて。もしかしたら蓄膿症では有りませんか?蓄膿症は「自然口」と呼ばれる、鼻と副鼻腔をつなぐ官の粘膜が腫れてふさがり炎症をおこしている病気。白血球や細菌の死骸などが行き場をなくし、膿となって副鼻腔に溜まる症状のことですね。そうなると、頭痛、顔痛、魚が酸化したような生臭い口臭、など様々な症状になやまされ、毎回痛み止めに頭痛薬を飲んで我慢する事に。この場合、頭痛薬を飲んでも何の解決にもなりません。その痛みの正体は膿なのですから。まず、お医者様に行き診てもらいながら、痛みを緩和し平行し...
2015/07/20 01:44:20 | 蓄膿症
蓄膿症は字のごとく、副鼻腔にうみが溜まる症状ですが、大きく分けると原因には3つあると言われています。1つ目は、アレルギー体質からくるもの。2つ目は、風邪の菌など外部から感染したもの。3つ目は、生まれつき鼻が変形しているのが原因。蓄膿症が治りにくいと言われる原因は、膿が溜まる副鼻腔が、鼻の中だけでなく『おでこから下あごの所まで』入り組んでいて、広範囲に広がっているということ。この構造的な理由からも治りにくい原因と考えられています。蓄膿症は直ぐに命を左右する病気ではないですが、ニオイが気になり人と合うのが嫌になった。自分に自信が持てなくなったと言う方もいます。その理由は鼻から喉に降りてくる蓄膿症の...
2015/07/20 01:41:20 | 蓄膿症
蓄膿症の手術は、ふさがっている自然口を開く、副鼻腔自然口開窓術(ふくびくうしぜんこうかいそうじゅつ)という手術が一般的です。自然口は、鼻と副鼻腔を繋ぐ官のことで無くてはならない通り道です。蓄膿症は、この管の粘膜が炎症をおこし、腫れてふさがり白血球や細菌の死骸などを外に排泄することが出来なくなり副鼻腔に膿が溜まる病気です。副鼻腔は、広範囲に広がる空洞で、手術の箇所はその症状により異なりますが、一般的には内視鏡による副鼻腔自然口開窓術が施されるようです。[内視鏡によるこの手術]は、利点も多数あり、世界中で行われています。しかし眼や脳に新たな合併症が急増し、耳鼻咽喉科の医療事故の中で副鼻腔手術の合併...
2015/07/20 01:37:20 | 蓄膿症
蓄膿症は、頭や顔を形成している副鼻腔と言う骨の空洞に(鼻の奥から額、眉毛や目の周り、頬骨の下と歯茎までの広範囲)膿が溜まる病気のことです。小さなお子様の場合は、重症化すると中耳炎を発症し高熱が出たり、膿が喉からお腹に入り免疫力が落ちたりと、放っておくと危険なこと沢山あります。このようなことから、お子様の蓄膿症は早く気付くことがとても大事です。鼻水が長く続くようであれば、早めに耳鼻科に行くのがおススメですね。このような症状をお医者様に訴えた場合、殆どは鼻洗浄や抗菌剤の投与を処方されます。小さなお子様への治療法として、鼻洗浄や抗菌剤の投与を長く使用した場合の悪影響も、親御さんとしては心配なのではな...