子供の蓄膿症は腸内から改善を

MENU

子供の蓄膿症は腸内から改善を

蓄膿症は、頭や顔を形成している副鼻腔と言う骨の空洞に(鼻の奥から額、眉毛や目の周り、頬骨の下と歯茎までの広範囲)膿が溜まる病気のことです。

 

小さなお子様の場合は、重症化すると中耳炎を発症し高熱が出たり、膿が喉からお腹に入り免疫力が落ちたりと、放っておくと危険なこと沢山あります。

 

このようなことから、お子様の蓄膿症は早く気付くことがとても大事です。鼻水が長く続くようであれば、早めに耳鼻科に行くのがおススメですね。

 

このような症状をお医者様に訴えた場合、殆どは鼻洗浄や抗菌剤の投与を処方されます。小さなお子様への治療法として、鼻洗浄や抗菌剤の投与を長く使用した場合の悪影響も、親御さんとしては心配なのではないでしょうか。

 

では、お子様の蓄膿症にはどのように対処すればいいのか一緒に考えていきましょう。

 

小さいお子様の蓄膿症

 

お子様の蓄膿症の原因としては、

 

@風邪をこじらせて炎症を起こしているところに、雑菌などが入り込んで炎症を起こし、蓄膿症になってしまう。

 

A生まれつき鼻が変形していて、鼻と自然口をつなぐ官がふさがっている場合。素人が鼻を表から見ただけで判断するのは難しいです。

 

Bアレルギー体質で、ハウスダストや、ダニの死骸などを吸い込み、異常反応をおこし、蓄膿症が発症するケース。

 

など挙げられますが他にもまだ原因はあるようです。 

 

症状は黄色がかった鼻汁がサインですがお子様の場合、鼻汁が出ても鼻をかむと言う動作は出来ないため鼻汁をすすり戻してしまいます。これが蓄膿症の一番の原因になると言われています。

 

このようなことからお子様は言葉が未発達な為、周りの大人が、日ごろから観察し気付いてあげないと、このようなサインを見逃してしまいます。特にアレルギーを持っているお子様は蓄膿症が重症化しやいので注意が必要です。

 

蓄膿症は、顔のほぼ3分の1に膿が溜まり、隣接している目、耳、喉、などのつながっている器官に多大な影響があると言われています。重症化、慢性化は絶対に避けたいですね。

 

体の免役力とは!

 

私達の体は免疫機能で守られています。NK細胞と呼ばれる〔微生物〕が、外から入ってきた病原菌を攻撃し排除してくれます。また体の中で生成された悪性の菌に対しても攻撃排除するようコントロールされています。これは免役力が上がっている状態ですね。

 

では免役力は何処でコントロールされているのでしょうか?それは100兆個にも及ぶ微生物〔腸内細菌〕が集中している腸管であると言われています。

 

このようなことから、鼻洗浄や抗菌剤を投与し続けていても、体の免疫力を強くしなければ本当の意味での解決策にはなりません。かえって腸内の善玉菌に影響を及ぼし、腸内細菌のバランスを崩す危険性もありますので、注意が必要です。では次に対処法をみていきましょう。

 

蓄膿症対処法は免疫力を上げること

 

お子様の場合、どの病気にも言えることですが、悪化するのも急激に悪化しますが良くなるのも早いです。

 

言葉を変えると、『重症化してしまうと取り返しがつかなくなるが、症状が軽いうちに対処していれば余り心配はい要らない』ということですね。そういった意味でも鼻炎が蓄膿症に進行する前に何らかの症状がシグナルとして出ていたはずです。これらのシグナルを見逃さないことが大事です。

 

シグナルの例としては、
・鼻汁の粘性が強い 
・しきりに耳を気にしている
・口で息をしている
・食欲が無い 
・ボォ〜としている 
・息がしにくくイライラしているなど。

 

このような症状は、鼻の粘膜に炎症を起こしお子様は、体の免役力が下がっていると考えられます。このような場合、お医者様のお薬はとりあえずの使用で止めておき、後は医食同源(いしょくどうげん)と言う言葉があるように、栄養のバランスを考え下記のような食材を取り入れましょう。

 

腸内のバランスを整え免疫力を高める食材の例

 

ブロッコリー、シイタケ、蜂蜜、にんにく、大葉、納豆、バナナ、きのこ、ワカメ、人参、小松菜、ヨーグルト、ビフィズス菌、かぼちゃ、柿、など。

 

ヨーグルト、乳酸飲料、サプリメントは小さいお子様でも容易に取る事ができ、腸内バランスを整え免役力を高めてくれます。

 

 

上記のような食品をバランス良く献立に取り入れ、体の内側から免疫力を高めることで、蓄膿症の慢性化、重症化を防ぎましょう。

関連ページ

蓄膿の手術を受ける前に
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
蓄膿症での口臭、体臭対策はその場しのぎをしつつ・・・。
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
蓄膿症での頭痛 毎回頭痛薬を飲む前に
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
蓄膿症の日々の予防術
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!