蓄膿症での頭痛 毎回頭痛薬を飲む前に

MENU

蓄膿症での頭痛 毎回頭痛薬を飲む前に

最近臭いがわからない、味も良く分からない。そんな時お子様に『ママ、味噌汁の味がなぁい!』と言われ、私、最近変だわぁ?なんて。もしかしたら蓄膿症では有りませんか?

 

蓄膿症は「自然口」と呼ばれる、鼻と副鼻腔をつなぐ官の粘膜が腫れてふさがり炎症をおこしている病気。白血球や細菌の死骸などが行き場をなくし、膿となって副鼻腔に溜まる症状のことですね。

 

そうなると、頭痛、顔痛、魚が酸化したような生臭い口臭、など様々な症状になやまされ、毎回痛み止めに頭痛薬を飲んで我慢する事に。この場合、頭痛薬を飲んでも何の解決にもなりません。その痛みの正体は膿なのですから。

 

まず、お医者様に行き診てもらいながら、痛みを緩和し平行して体の常在菌を強くし、体の中から免疫力を高め抵抗力をつけていかなければ本当の意味での解決にはなりませんね。ここではその方法と解決策をみていきましょう。

 

頭痛薬を飲み続けて大丈夫?

 

最近花粉症の患者が風邪や細菌感染により粘膜に炎症を起こし、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を患う方が増えているようです。アレルギーの人は蓄膿症にかかりやすいと言う報告もあります。人によっては鼻汁が喉にからまる後鼻漏(こうびろう)になり、口臭の原因となるようです。これが味覚障害の原因ですね。

 

上でも説明しましたが、蓄膿症は「頭痛、顔痛、鼻が痛い等の苦痛」を伴います。またその痛む箇所が変わる場合もあります。それは副鼻腔が顔の約3分の1を占める広範囲にある為で、膿が移動することで痛みも移動することが原因。つまりは膿がたまった場所が痛くなると言うことですね。

 

あるクリニックによりますと、まだ重症化してなければ耳鼻咽喉科専門医で、定期的に溜まった膿を吸引。細菌感染から来ている蓄膿症には、マクロライド系抗菌薬を少量ずつ処方することで、大きな効果が期待できるそうです。

 

このような治療を数カ月行っても効果が不十分な場合には、内視鏡を使用した鼻内副鼻腔手術が行われるそうです。また蓄膿症は、アレルギー体質、冷え性、水分代謝が悪い人が掛かりやすい病気と言われています。

 

このようなは病気は免疫系の病気と言われ、体内の常在菌を強くすることで、免疫機能を高め改善するのがおススメです。素人判断で頭痛薬を飲み続け、蓄膿症の重症化、慢性化を招くような一時しのぎは止めにしましょう。ではどのような対策を取ればいいのでしょうか?

 

解決策はお腹の常在菌にある

 

人のお腹には、常在菌と言う細菌(微生物)が棲んでいます。それを腸内細菌といいます。腸内細菌は大まかに3種類の菌に分かれます。

 

善玉菌全体の10分の2、悪玉菌は全体の10分の1、日和見菌は全体の10分の7の配分でバランスを取っています。

 

例えば今日、飲み会に行くとします。「日ごろの鬱憤晴らしに今日は飲むぞおォ〜」なんて良くあるシーンですよね!そうなると池に放した鯉状態になり、タバコ、お酒、唐揚げ、串かつ、焼き鳥など、とにかく食べたり、飲んだり、タバコも吸い放題。そんな次の日は必ず「頭が痛い、歯磨き中は気分が悪い」など皆さん一度は経験ありますね。これは俗にいう「二日酔い」とも言いますが、腸内の常在菌のバランスが崩れ、免疫力が低下するからとも言えます。

 

『常在菌のバランスが崩れています』ということを症状として出すことで教えてくれているんですね。言い方を変えますと、『正常に戻そうとしてこのようにサインを出している』と言えます。それが免疫力ですね。

 

常在菌のバランスは何時も流動的です。上記のように暴飲暴食をすると、善玉菌の力が弱まり悪玉菌の勢力が強くなり、急激に免疫力が落ちてしまいます。アレルギー体質の人の鼻炎が慢性化したり、風邪に掛かり安く蓄膿症や中耳炎が悪化したり、とあらゆる病気を引き起こす原因になります。

 

このようなことから常在菌のバランスを保つことは蓄膿症やあらゆる病気を防ぐ為にとても大事なことがわかりますね。ではこの常在菌を強くするにはどのような対策が良いのでしょうか?

 

それは常在菌が好物とする食物繊維、乳酸菌、ビフィズス菌、オリゴ糖、などのバランスの取れた食事を腹八分目に取ることをおススメします。

 

忙しくお料理の時間が無いので、無理と言う方には腸内細菌を整えるサプリメントがおススメです。何時でも場所を選ばず取れるので便利ですね。

 

今は乳酸菌で体質を変える時代と言われています。種類も豊富です、常在菌を強くして免疫力を上げ蓄膿症への対策を取りましょう。

関連ページ

子供の蓄膿症は腸内から改善を
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
蓄膿の手術を受ける前に
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
蓄膿症での口臭、体臭対策はその場しのぎをしつつ・・・。
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
蓄膿症の日々の予防術
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!