蓄膿症の日々の予防術

MENU

蓄膿症の日々の予防術

アレルギー性鼻炎患者が増え続けているのと比例するように蓄膿症患者が増えていると言う報告があります。この原因は、日本人の食生活や生活習慣にあるようです。

 

柔らかい加工食品ばかりを口にし、甘いスイーツに行列をつくり、その結果歯周病患者が増えている。こういったことが、蓄膿症の患者が急増している要因の一つのようです。あなたは大丈夫ですか?

 

熱がないのに鼻汁が続けて出るようであれば、悩んでないでまず耳鼻科にいきましょう。ましてや黄みを帯び、それが続くようであればなおさらです。素人判断で薬に頼るのはかえって悪化を招く事になります。そこはお医者様の判断を仰ぐのが正解です。

 

風邪からきているのかアレルギー体質からきているのか、中耳炎を起こしているのかでその処置も変わってくるでしょう。この初期段階がとても大事で、軽く見ていると取り返しがつかなくなります。今のうちに適切な対処法とこれからの予防を一緒に考えていきましょう。

 

蓄膿症は顔の約3ぶんの1が膿(うみ)で埋まる!

この見出しは衝撃的ですが事実です。上記でも書きましたが、蓄膿症は自然口と言う鼻と副鼻腔をつなぐ官が、炎症を起こし詰まってしまう病気です。

 

自然口とはなんなの?と思いますよね。自然口は、副鼻腔に溜まった排泄物を鼻に押し出し排泄するところです。蓄膿症はその自然口の粘膜が炎症で詰まり、中に溜まった細菌や白血球などの死骸を外に出すことができなくなります。

 

その結果炎症が悪化し、顔の約3分の1を占める、副鼻腔の空洞に膿が溜まっていく病気ですね。この副鼻腔の空洞は目の周りやおでこ中心、頬骨と鼻の間、歯茎まで広範囲に及んでいます。

 

たまに風邪を引いたりしたとき、「鼻水とまらなぁ〜〜い。どれだけ出るのぉ〜。」と思ったこと有りませんか?

 

このように顔一面に溜まった膿は放っておくと、隣接した他の器官に影響を及ぼし中耳炎や結膜炎にかかり安くなります。人によっては膿が喉のほうに流れてくる場合もあります。これが口臭の原因ですね。

 

また顔が、ボァ〜と膨らんで圧迫されているような感覚になったり、重くのしかかる様に頭痛や顔の奥が痛くなったり、日常生活が困難になるほど悪化してしまいます。このようにならない為にも日頃からの予防をしておきたいですね!

 

日頃からの予防

予防としては一つ目に生活習慣ですね。ストレスを溜めないよう、適度な運動を心がけ、エレベーターを階段に変えたり、一駅歩いたり、するだけでもかなり効果があまると言われています。

 

また家では軽いストレッチをして、2階屋であれば階段の上り下りを数回余分に行う。こういったことを毎日くり返すことで運動不足は解消されます。
このような簡単なことであれば、毎日続けることが出来、三日坊主にならなくてすみますね。

 

また、たばこは血管中にニコチンが流れることで、血管が収縮し流れが悪くなり血圧に悪影響が出るため、やめるのが最適です。しかし止められない人が殆どと思われますので、本数を決めそれ以上は吸わないようにするのがいいですね。

 

また夜更かしは、成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼすことが分かっています。最近の研究では、睡眠不足は糖尿病を悪化すると言う、研究結果も報告されています。

 

これらは全て人が本来持っている免疫力を下げてしまい、自然治癒力を弱める事になります。蓄膿症やアレルギー性鼻炎、などあらゆる病気の原因を引き起こすと言われています。しっかりと予防することが大事ですね。

 

予防の二つ目は、食生活の見直しですね。甘い食べ物や、高カロリー、高脂肪、塩分の多い食品は腸内のバランスを崩してしまい免疫力を下げる事につながります。

 

このように免疫力が落ちると、外から進入してきたインフルエンザやマーズウィルスなどの有毒菌を排除する力が落ち感染し安くなります。

 

免疫力をコントロールする常在菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のことを言い誰の体の中にも住んでいます。善玉菌の力が弱まり悪玉菌の勢力が強くなると急激に免疫力が落ちてしまい病気の原因にかかり安くなります。

 

このようなことから、免疫機能を高める食材を意識して取るのがいいですね。免疫機能高める代表的なブロッコリーは、βグルカン、メカブコイダンと言われる物質が一番多く含まれています。他にも下記のように沢山あります。

 

例として、
他にも、善玉菌が好物と言われる、食物繊維、りんご、オリゴ糖、蜂蜜、バナナ、豆類、海藻、野菜、乳酸菌、ヨーグルト、納豆、キムチ、ヌカ漬、味噌、などが腸内細菌のバランスを整える事に効果があると言われている食材です。

 

また忙しくお料理の時間が無いので、無理と言う方には腸内細菌を整える方法としてサプリメントがおススメですね。

 

上記のような食材を日頃から気に留め食事に取り入れる事で善玉菌を増やし免疫力を上げ病気に掛かりにくい体質をつくります。

関連ページ

子供の蓄膿症は腸内から改善を
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
蓄膿の手術を受ける前に
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
蓄膿症での口臭、体臭対策はその場しのぎをしつつ・・・。
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
蓄膿症での頭痛 毎回頭痛薬を飲む前に
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!