アレルゲンの特定が出来ない場合は免疫を強くして対策しよう

MENU

アレルゲンの特定が出来ない場合は免疫を強くして対策しよう

鼻水にくしゃみ、咳、目の充血・・・辛いアレルギー症状はいくつになっても慣れないですよね。

 

自分のアレルギー体質を理解している方ならそれなりに対策を取りやすいのですが、そうでない場合はシンドイものです。アレルゲンが特定できない、自分のアレルギーが何なのか分からない時は一体どのような対策を行えば良いのでしょうか?

 

アレルギー対策と結びつく腸内環境の改善

 

腸内環境の改善でアレルギーの対策ができると言われており、アレルゲンの特定ができない場合でも最低限の対策を行う事が可能となっています。薬物療法よりも効果は低いかもしれませんが、アレルギー対策以外にも様々な効果が期待できるのでお勧めの対策法となっています。

 

腸内環境は乳酸菌で改善する

 

腸内環境は乳酸菌の働きにより改善することができます。
乳酸菌とは善玉菌の一種で、体に悪影響を及ぼす悪玉菌が増えるのを抑えてくれます。アレルギー体質の人はIgAが少ないという特徴があり、IgAを改善するためにも善玉菌が優位な腸内環境を作る必要があるのです。

 

「IgA」

アレルゲンが体に浸入することによって、リンパ球という免疫を担う細胞が作り出す抗体の事を言います。この抗体が特異性をもち、マスト細胞にくっつくことによってアレルギーを引き起こす準備をします。くっつくだけでアレルギー症状が起こるわけではありません。

 

まずはヨーグルトを食べるだけでも構いません。続けることが大切なので、腸内環境の改善でアレルギー対策をしたい方は継続して乳酸菌を摂取するようにしましょう!

 

免疫を強くするアレルゲン免疫療法

 

免疫を強くする方法の1つに「アレルゲン免疫療法」というものがあります。アレルギーの治療法と言えばアレルギー治療薬による対症療法が有名ですが、それとはまた異なった免疫療法となります。アレルゲン免疫療法は別名「減感作療法」といい、アレルゲンを少しずつ投与していく事によって、アレルゲンを体に慣らしていくという仕組みになっています。予防接種のような感じですね。

 

アレルゲン免疫療法のポイント

 

アレルゲン免疫療法のポイントは「長期に渡りアレルギー症状を和らげる効果が期待できる」という事。人によっては完全に症状を抑えることも可能となります。アレルギー治療薬による対症療法では十分な効果が得られない方にもお勧めします。全てのアレルギー体質の方に効果があるわけではありませんが、アレルギー性鼻炎や花粉症などのアレルギー系疾患の治療に用いられています。

 

スギ花粉を原料としたシダトレンによる舌下免疫療法もアレルゲン免疫療法の1つです。

関連ページ

重い花粉症対策として
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
気温の変化が大きい時期のアレルギー対策
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
季節の変わり目でのアレルギーは腸内で対策を
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
子供の花粉症は乳酸菌で
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
鼻炎薬でも治らない場合には免疫を疑おう
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!