アラミストを使用しながら乳酸菌でアレルギー対策を!

MENU

アラミストを使用しながら乳酸菌でアレルギー対策を!

アレルギー性鼻炎は、生まれつきの場合と後天的な場合があり、主に免疫の病気と言われています。 鼻詰まりで息苦しくなり、口で息をしたり頭痛やイヤ〜な臭いに悩まされたり、アレルギー性鼻炎になった人でなければ、なかなか理解してもらえないつら〜い症状ですよね。

 

アレルギー性鼻炎は腸内細菌のバランスが悪く、免疫機能が低下している人に起こりやすいと言われ、 本人にとってはとてもつらく深刻な病気です。 あなたは大丈夫ですか?

 

アラミスト点鼻薬は使い続けても大丈夫?!

アレルギーのつらい症状に、仕事中や勉強中、就寝中にも、お構いなく悩まされ、もう、"ウンザリ"とお思いでしょう〜。

 

とり合えず症状を止めるには、即効性がある点鼻薬が有効ですが、点鼻薬を使用する上で気をつけなければならない事もあります。

 

自分の症状に合ったものでないと『悪影響』を及ぼすと言う事です。
『前より症状がひどくなったとか、使う回数が多くなり慢性化した』と言う報告もあり、これは血管収縮剤の副作用とも言えますので点鼻薬は、「選び方」「使い方」には十分注意が必要です。
上記のことから一時しのぎには最適ですが、長期的な使用はおすすめできません。

 

アレルギー性鼻炎は腸の働きが弱い人に起こる?!

私がアレルギー鼻炎に? どうして? と思われる方。
アレルギー性鼻炎は免疫の病気と言われ、その体質を生まれながらに持っている人と、腸の働きが弱く、免疫力が低下している人に起こることを知っていましたか?
して生まれながらのアレルギー体質である方は、腸内環境も乱れやすい傾向にあるということが分かっています。 ではどうして腸の働きが弱いと、アレルギー性鼻炎になるのでしょう。

 

『腸は第2の脳』と言われ、 人の免疫機能は70〜80%が腸内細菌でコントロールされています。 腸内環境のバランス(腸内細菌のバランス)が崩れることで、悪玉菌が増え、免疫力が下がりアレルギー性鼻炎を引き起こすと考えてられています。  ですから、アレルギー性鼻炎は誰にでも起こりえる病気なんです。

 

そこでお奨めするのが乳酸菌の力です。腸内環境を整え、体の内側から体質を改善し、自身の免疫機能を向上させることができます。

 

乳酸菌でアレルギー対策を!

赤ちゃんの腸の中は、ビフィズス菌が99パーセントと善玉菌でいっぱいでした。
しかし年齢とともに悪玉菌が徐々に増えてゆき、腐敗菌などの有害菌が増え腸の老化が進んでしまいます。

 

『これがアレルギーを発症する原因とも言えます』

 

そこで乳酸菌を取る事で、悪玉菌を減らし善玉菌の数を増やし腸を元気にします。

 

乳酸菌は大きく「植物性乳酸菌と動物性乳酸菌」の二つに分類されます。
二つの特徴の違いと言えば、動物性乳酸菌は酸に弱く胃酸を浴びる事で死んでしまい、その殆どが腸まで行き着くことが出来ません。その一方で、植物性乳酸菌は胆汁、熱、酸に強く生きたまま腸まで届き、悪玉菌をやっつけて腐敗菌を減らし、善玉菌を増やします。

 

善玉菌が増える ⇒ 悪玉菌が減り腸内細菌のバランスが良くなる ⇒ 免疫力が上がり体質が改善される

 

このように、あらゆる病気の原因となる腐敗菌を減らすことで、免疫力を高めてくれる良い働きをします。 乳酸菌S−PT84株は有名なラブレ菌と同じ、日本のお漬物から見つかった乳酸菌で、生きたまま腸の奥まで届きます。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、ヨーグルトや乳酸飲料、サプリメントなどでお腹に取りこむ事で、腸内を良好な状態にし免疫機能を強くし、アレルギー体質を改善するする大事な働きをします。

関連ページ

通年性アレルギー性鼻炎で薬を飲むのもウンザリ そんな時に試しておくこと!
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
通年性のアレルギーで後鼻神経切断術をする前に試しておきたいこと。
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
点鼻薬で改善しない場合の通年性アレルギーの対処法!
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
年中通してのアレルギーに抗生物質は逆効果の可能性も!
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!