点鼻薬で改善しない場合の通年性アレルギーの対処法!

MENU

点鼻薬で改善しない場合の通年性アレルギーの対処法!

点鼻薬は広く知られている薬で、耳鼻科のお医者様に処方された点鼻薬や、市販されている点鼻薬をお使いの方多いですよね。

 

実は、長く使い続けいて体に悪くないの? とか、本当に通年性アレルギーは治るの? と心配する方が急増しています。また、点鼻薬を使い続けても、その効果は限定的で、同じ症状を繰り返し、完治しないことに不安をいだく人も。あなたはそのお薬、使い続けますか?

 

そこでここでは、点鼻薬に頼らず、免疫機能のメカニズムを知り、安全にアレルギー体質を内部から改善する方法を考えていきましょう!!

 

免疫機能のメカニズムは腸内で作られる!

人の腸は、全長は約12m、表面積は(テニスコート)一面分にもなります。
ここで、消化吸収が行われる訳ですが、腸の内側にはびっしりと腸内細菌がへばりつくように住み付いています。驚く事に、成人でその細菌の重さは約1キロもあると言われています。

 

腸の中に住む細菌は、人の顔がそれぞれ違うように、その人の腸の働きも異なります。善玉菌と呼ばれる体に良い腸内細菌は多ければ多いほど、その人の体を元気にし、逆に悪玉菌が多ければ体にとって悪い働きをします。

 

【これがアレルギーを引き起こす原因と言えます】 

 

上記のように、腸内細菌が、人の免疫をコントロールし、つまりは、体をコントロールしています。健康を維持する上では、腸内に住む腸内細菌が人間の生死をコントロールしていると言っても過言ではないでしょう!

 

以上のことから、点鼻薬でアレルギーの症状を軽くする事はできても、アレルギー体質を治すことは出来ないことが裏づけられますね。 

 

アレルギー体質は遺伝的なもの・後天的なものが有る

免疫学の調査によりますと、日本人のスギ花粉症のアレルギー疾患と診断された人は、3親等以内にスギ花粉症のいる人は51.7%、いない人は39.2%と、血縁者にアレルギー疾患が多いって知っていましたか? 

 

とても高い確率ですよね!  また、近年では自然界以外の有害なエアゾールや界面活性剤など今までには無かったアレルゲンが増える一方です。耳鼻科のお医者様にもアレルゲンの特定には、追い付かないほど激増しているのが現状のようです。

 

上記のような事を加味しますと、目前のアレルゲンを除去したとしても、意味がありません。【アレルゲンに負けない免疫力をつける事こそがアレルギー性鼻炎に対しての根本的な解決になる】のです。

 

通年性アレルギーの対処法は乳酸菌の力で!!

産まれたての赤ちゃんの腸内は、体にいい働きをする善玉菌で溢れています。しかし、だんだん日が過ぎて行き離乳食を取るころには、色んな食べ物やハウスダストやカビ等が口や鼻から入る事で、腸内に少しずつ悪玉菌が増えていきます。それが年を重ねる程に増えていき、腸の老化が進んでいきます。これは人により度合いの違いは有りますが、避けて通る事は出来ません。

 

そこで、善玉菌の代表である乳酸菌を取り、腸内に善玉菌を殖やす事がおススメです。乳酸菌を取っても全てがお腹に届くわけではありませんが、死んでも腸内の善玉菌のエサになり善玉菌を元気にし、悪玉菌を減らしてくれます。

 

乳酸菌が欲しい時に直ぐ取れるサプリメントがありますので、常に常備しておくと良いですね。

関連ページ

アラミストを使用しながら乳酸菌でアレルギー対策を!
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
通年性アレルギー性鼻炎で薬を飲むのもウンザリ そんな時に試しておくこと!
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
通年性のアレルギーで後鼻神経切断術をする前に試しておきたいこと。
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
年中通してのアレルギーに抗生物質は逆効果の可能性も!
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!