通年性のアレルギーで後鼻神経切断術をする前に試しておきたいこと。

MENU

通年性のアレルギーで後鼻神経切断術をする前に試しておきたいこと。

「後鼻神経切断術」に踏み切れないで思い悩むのは当然です。 安全性が高い手術とはいえ、手術は全身麻酔で、時間は約2時間前後、そして平均7〜8日の入院という大手術なんです!! 

 

手術費用や術後の後遺症など、とても心配な事沢山ありますよね。「体にメスを入れずにアレルギーの体質改善が出来たらうれしいなぁ〜」とお思いの方、いっぱい居ると思います。 

 

そこでここでは、手術を受けずに、高確率でアレルギー体質を改善する方法をご紹介いたします。

 

後鼻神経切断術とは?

アレルギー性鼻炎の治療法として、後鼻神経切断術は高い期待が持たれていますね。「鼻のクリニック」によりますと、

 

「副交感神経のみを切断する高度な手術で一般には、神経と伴走する太い動脈(蝶口蓋動脈)と一緒に切断する」

 

という方法が主に普及しているそうです。こう言われてもよくわかりませんよね。アレルギー性鼻炎に対する手術としては、効果は限定的で、多くが数ヶ月程度で再発する可能性があると言うことを考えなければなりません。

 

しかしながらその後の点鼻薬あるいは内服薬などの治療を組み合わせることで、症状が大きく改善されると言われています。 つまりは手術だけで完治する保証はないということですね。

 

通年性のアレルギーの原因と改善策

通年性アレルギーで悩んでいる方は年々増え続ける一方です。パット思いつく原因としてはハウスダストやダニ、カビ、等が考えられますよね。

 

そこで、そのような原因を排除すれば解決するかも!と思ってしまう方も多いですが、ある耳鼻科のお医者様によりますと、患者さん一人ひとりに適した治療方法を見つけることが改善への近道だそうです。つまり原因だけ排除すれば良いって訳ではでは無いのです。

 

花粉症や通年性アレルギー性鼻炎の症状は外部からの理由だけでは無く内部、つまり自分自身の免疫システムに原因があることがほとんど。薬で一時しのぎをするのもいいですが、それだと毎年なにも変わりません。この際、体の内部からの体質改善を本気で考えましょう!

 

乳酸菌で体の中から体質改善

免疫力を向上させてアレルギー体質から解放されるには、まず「腸」をよくすることを考えなければなりません。「腸は最大の免疫機関」であり『第2の脳』と言われているように、体の免疫力は腸内でつくられ、腸内の環境に大きく左右されます。

 

腸内環境が乱れている方は ⇒ 免疫力が低下している
腸内環境が整っている方は ⇒ 免疫力が向上している

 

ということです。

 

このように、アレルギー体質の方の腸内は、健康な方の腸に比べて乱れている方が多いのも裏づけされますね。そこで、どうすれば腸内環境が良くなるかといいますと、腸内環境を良くしてくれる乳酸菌を摂取する事です。乳酸菌は腸内のよい働きをする善玉菌のエサになり、摂取することにより善玉菌が元気になり腸内環境も良くなります。

 

乳酸菌の摂取方法としてはサプリメントが手っ取り早く効果的でしょう。ヨーグルトやヤクルト、または発酵食品から摂取する方法もありますが、毎日続けることを考えるとやはりサプリメントをおすすめします。

 

関連ページ

アラミストを使用しながら乳酸菌でアレルギー対策を!
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
通年性アレルギー性鼻炎で薬を飲むのもウンザリ そんな時に試しておくこと!
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
点鼻薬で改善しない場合の通年性アレルギーの対処法!
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!
年中通してのアレルギーに抗生物質は逆効果の可能性も!
花粉症対策として乳酸菌を考えている方のためのサイト。毎年開放されない悩みを腸から解決しよう!